「あなたの才能を開花させる 自分に制限をかけてる人の為の浄化」

ある日のカフェでの秘書室Ladyとの話です。

Lady「どうしたら、羽瑠さんの才能開花するの?」

羽瑠「制限かけてるな。」

Lady「え、どうやって?制限かけてるって、意識的に?」

私はどうやって制限かけてる?

自分の守護霊さんに聞いてみると

「チャクラ9と10の間にハマってる棒がある。これが、境界線。 小さい頃から抱えてるインナーチャイルドいらない思い込み。 これが制限を無意識にかけてる。」

Lady「ない人もいるの?」

羽瑠の守護霊さん 「ない人もいる。鍵が必要な人もいるよね。抵抗する人は、鍵がいるよ。渡してあげないと、自分で開けられないのよ」

羽瑠「鍵って、どうやって開けるの?」

守護霊「その場合は、羽瑠が開けれる。」

守護霊「境界線の棒はね。食べれる棒をイメージして食べちゃえばなくなる。例えば、バナナみたいなもの。皮をむいて、食べたらいい。 その時、皮も食べるイメージ。本来、いらないものがハマってるから食べて、消化したらいいわ。 人は抵抗する時、無意識に壁を作る。白くて、硬くて、無機質な壁。この壁は、グニャグニャにして色を変えて、形を変える。 まるで、粘土を作るようにしたら、いいよ。」

羽瑠「私、壁、いっぱいあるなー」

守護霊「36枚。1日3枚ずつ、食べたらいいやん。生ハムみたいな感じ。水を飲んで、排出したらいいわ。」

視覚の人は、イメージだけで変わる。 聴覚の人は、言葉 体感覚の人は、水を飲む それだけで、変化を実感する人がいます。

この境界線をそのままにしていると 自分で壁を作って逃げられたと思いきや、自分の可能性も殺す 負のスパイラルにハマることがあります。

ただ、厄介なことにこれは無意識にやっちゃうんです。

だから、宿命と違うことをして恐れから行動してしまう。

この無意識にできた境界線は「ある人」と「ない人」がいます。

インナーチャイルドが傷ついている人は 無意識にチャクラの間に棒が挟まってしまって、無意識に自分に制限をかけてしまい自分の才能も殺してしまうんです。

私は、小さい頃、2,5次元の世界 浮遊霊と呼ばれる、死んでいるのに成仏できていない人が私のまわりに寄ってきて怖かった。

何とかしてあげたくても、どうしていいかわからず、それが怖くて無意識に境界線を自分で作っていました。 それは、人に対しても壁を作って人間関係で悩んで、苦しんでいました。

インナーチャイルドが傷ついている? そんな訳ないわ! と思う人も、今、悩んでいる人や 上手くいかない人は、もしかしたらその鍵が必要なのかもしれないから私に会いにきて下さいね。

私の場合は 行動は、愛か恐れから始まるかによって 言葉も態度もエネルギーも変わります。

浄化するために 自分で食べて 身体の肥やし 栄養に変えていく。 いらないものは、排出していくと 細胞が変わります。

私は、昨日から身体が軽くなってきました。

イメージで変わる視覚タイプの人は ぜひ、このワークをやってみてください。

私は小さい時に64HZの音を毎晩、夢に聞いていました。 身体が動かなくて、とても怖かったことを 覚えています。

何故か、この数日で この音を聞いても、怖くなく 何に怖かったのかも、自分で理解できません。 1つ言えることは、感覚が変わったのです。

64HZは、「あの世とこの世をつなぐ音」 と言うメッセージをもらいました。

私のように、インナーチャイルドが傷ついている人は、 64HZの音を水に聞かせてください。

私も更に能力を開花する為にペットボトルに水を入れて、朝日の光のパワーを浴びた水に64HZの音を聞かせて境界線をバナナに見立て、壁を生ハムにして食べる動作をして最後に水を飲んで下さい。 細胞の浄化になります。

ぜひ、やってみてください。

変化が少しでもあった人はメッセージをくださいね。