【2018年3月の新月】

画像

魚座 新月は、2018317

2212

テーマは、「罪悪感の解放」

「そこにともなうエロスの解放」

「自分自身のゆるし」であり、「許可」です。

次の魚座から牡羊座に行くプロセスでも

あります。

自分自身であり、成長すること、表現することです。

共に生きることの喜び、痛み、出会いや別れ

いろんな味わった感情が

モヤがかかっていく。

あの世とこの世の境目の場所。

三途の川のあるような場所です。

1つのプロセスが終わり、次のステージに

上がる旅立ちの準備をしています。

次のステージに上がるために

これまでのものが薄れていき、

だんだん、思い出せなくなります。

今まで味わってきた執着が離れていき

忘れさせる感覚

浄化されていきます。

17日は、新月

18日は、春分のゲートが開き

21日には、春分を迎えます。

この数年、「わたし」「個」の確立され

仕上げの新月です。

「殻」が破られる20182019年。

大きな「水を泳ぐレッスン」をしてきました。

龍は、水を泳ぐためにサポートをしてくれる

存在です。

人生の扉を自分で開ける時です。

 

「羽瑠にきいた私の役割と浄化」 By Lady

 私は宇宙と繋がる人
宇宙からのメッセージを受けやすい人
女性性の解放する人 との事。
もっともーっと心を開くのに宇宙のエネルギーが必要。
まだ開けるらしい。
そこで大切なのが第4チャクラ F(ファ)の音がいっぱい欲しい。
あと、416ヘルツの音
これは前世で手首と左の首を切られててそこの癒しで必要らしい。
宇宙の音でもあるらしい。
調べたら鉄の周波数と一緒。
あれかな、前世で出血多量で死んでるから今も慢性貧血なのかな 笑
とにかくyoutubeで音聴いてますよ。 寝るときとかね。
あとは子宮の浄化ね。
感情の解放が女性性の解放になるらしい、子宮に感情って溜まるんだってー
私も子宮に罪悪感溜まってんだって。
感情を味わいきったらなくなりますよってゆうじゃない。解放できますよって。
私、感情を味わいきるとかドMな事できない。おほほ
だいたいそれ、本当にあなたの感情なの? 世間や先祖のカルマ的なのだって事ない?
女は人の感情のエネルギーとかを自分の中に吸収しやすく、自分の物だと勘違いしちゃう事ってめちゃめちゃあるの。
私も女手一つ育ててくれた母に対して、一生懸命育ててくれたのに適齢期になっても結婚もできなくて孫の顔も見せてやれず申し訳ないってのがあるの。
でもたぶん 申し訳ないってきっと母も思ってた。
父親のいない子にしてしまって申し訳ない。
ずっと一緒にいてやれなくて申し訳ない。
そんな、申し訳ないないが一緒にいるとかってに入ってきて
申し訳ないないと言ったらなーんでしょう??
あ、 適齢期なのに結婚してないこと!
子供産んでない事!!
みたいになったんだと思うの じゃこれどーしましょ。
こう思うのってしょうがないよね、だって母さん喜ぶの分かってるもの
結婚して子供できたら。
喜ぶ顔みたいよね。 これって愛よね。
じゃなんで、苦しくなるの?
許してないのよね そんな自分を。
結婚してない。 子供産んでないせいで!みたいな。
こいつのせいで!
みたいな こんちくしょう!
みたいな じゃ、どうやったら解放できるか おかげにしましょう。
こいつのおかげで!って感謝に変えましょう。
結婚してない。子供産んでないおかげで! 私は自由にいろんな経験ができて実験ができる。 ありがとう♡ つって。
みんな罪悪感とかブロックとかでたら これやったらいいよね
こいつのおかげで!ありがとうよ!! サンキューベリーマッチ!!
つって
自分を慈しみましょ
そして最後に羽瑠さんに聞いてみたら 子宮をなでなでしながら
「かわいいな、私♡」と言えと。
みんなで子宮を浄化して女性性を解放しましょう♡
あともう一つ
子宮の浄化、女性性の解放の為に日本最南端の波照間島 みんなでいかない?
6月あたり
自分の水と日本の水の神(龍)が交わる儀式しにいこ。
交尾するらしいよ! 統合よ! よくわかんかいけど御告げよ!
水と塩をながしてこいってよ!
行きたい人はメッセージお待ちしております。
※ちなみに羽瑠にきいたとゆうか羽瑠の守護霊さん仙人みたいな人と指導霊は鉄の女、エリザベス2世みたいな人にききましたとさ。
秘書室よりLady

「魂の導き」

3月3日。桃の節句。

私は、出雲にいました。

着いたら、家族からの電話が何本も 入ってる。

私は、出雲から、トンボ帰りすることに なりました。 姑さんが突然亡くなりました。

夜10時、夫が仕事から帰って、姑と話をしたそうです。

お風呂に入るか、迷っていたので

「今日は、遅いから、止めといて」

まさか、その後、お風呂に入ったとは 思わなかった。

パジャマも着てたのに、、、 死因は、お風呂に入って、心不全。

人って、あっけないな。 そう感じる最後でした。

私は、神戸淡路大震災をきっかけに 2世帯同居 21年間の同居生活でした。

姑さんは、82歳 昭和10年の戦前に生まれました。

6人兄弟の3番目 実家の両親も、舅さんも みんな6人兄弟3番目。 真ん中は、目立たず、兄弟も、氣が合う兄弟と、氣の合わない兄弟、姉妹がいます。

好き嫌いがはっきりした人で 嫌いな人は、顔を見るのも嫌な人でした。

同居した始めの頃は、 コーヒーを入れると、呼んだらすぐこないと 氣がすまない。 10分経つと、 「コーヒーが冷めて、美味しくなくなった」 と、怒る人でした。

夫は、お母さんに頭が上がらないので、 知らん顔して、呼ばれたらすぐに 1階に降りて行くので 私だけが、呼んでもすぐにこない人。

何かにつけ、自分の思い通りにならないことは、氣に入らない。 だから、表も裏もありません。 建前もないから、本音で生きている人。 こうしなさい。あーしなさい。 「私があなたぐらいの頃は、こうしていた」 大きなお世話を焼いて、私は 自分の人生を生きている実感がなかった。 そんな姑さんの生い立ちを聴いたことがあるんです。

6人目の子どもを産んで、体調が悪かった。 だから、生れてすぐ、養子に出た。

その後、小学生の時、お母さんが亡くなり、親戚の家にお世話になった。

お父さんは、すぐに再婚したが 連れ子同士の結婚でママ母は 自分の子どもばかりを可愛がり 自分達、兄弟は、押入れで育った。

親の愛を知らず、 世間のことを知らないのは、当然のように 言い訳し 私が21歳で嫁にきた時は、わからないと 鬼の首を取ったように、怒られ 「きれいなお母さんだったのに、 私は、あんな鼻ぺちゃのお父さんに似た」 と、自分の容姿を罵り 当時、色が白かった私を、羨ましく 目の仇のように、辛く当たる人だった。

私は、嫌われていると思っていた というより、 同居し始めは、嫁のしたことが氣に入らないと、友達や、娘、姉に電話して 「あんな、妻としても、嫁としても 母としても、サイテーだから」 と2階に聞こえるように、大声で話す姑さん。

嫌われてない訳がない。

ところが、本人は、何も覚えてない。

「昨日、いいと言ったことは、今日は 良くない」と言うので 同居してからは、振り回される生活だった。

秘書室ladyから、メッセージがきて 「お母さんが、急に亡くなって何に気づいて、何を伝えたかったかを聞いて。 姑さん、まだいるんだから、 向き合うチャンスよ」

聞こうとすると、眠くて寝てしまう。 身体も重い。 身体が反射的に寝る。 起きてられない。 「眠くて、寝ちゃう」

それに対して、秘書室ladyから意外な 返事が返ってきた。

「愛されてない事を知るのが、嫌なんだと思う。聞いてみて。 私が、お嫁に来てよかった? 私は、お母さんに嫌われてると思ってたって」

一番、怖い。

死んで、聞くのか? 涙が溢れた。

お姑さんは、実家のお父さんの性格に よく似ている。 カッとなると、周りにわめき散らす 唯一、違っていたのは、手が出なかったことと、男か女かの違いぐらい似ていた。 小さい頃からの思い込みに、グサグサ 突き刺さる言葉を、投げてくる人だった。 こんなダイレクトに聞くのか。

「あんたが、嫁に来たのは、よかったわ。 孫もひ孫も見れて、盛り立てたから。 喜寿のお祝いしてもらったな。 にぎやかなのは、楽しいわ。 あんたも、頑張って生きよ。 私は、もっと頑張って生きようと 思ってたわ」

愛情表現もヘタだから、 どう話すかわからないんだよね。

お母さん、私のことも愛してくれてたんだね 亡くなる1週間前も、お昼ごはんを一緒に 食べようって、話してたね。

時間がなくて、できなかったね。

言い残したのは、家族の幸せ。

子ども、孫、ひ孫の幸せを上から願ってる。 毎日、仏さんに向かって、一人ずつ 名前を呼んで、祈っていたそう。

戒名に「誓」が入っていた。 名前の一文字「信」がある。 お父さんより、戒名も多い。 常識では、夫婦は、妻が夫より戒名が長いのは、あり得ないらしい。

今、気づいた。 そうだ。 建前を言わず、本音で生きた人だった。

私は、本音を語ることをしたいと 言いながら、本音で話す人を前に オロオロしていたんだ。

本音で話すことは、ステキだと口では 言っていたのに、本音を聞くのが怖かった。

本音で話すと、人間関係は、大変なことに なるって、人の顔色を見て 要らない思い込みをしていた私に ヒール役で、氣づきを与えてくれた人だったんだ。

すべて愛からだった。

愛を持って、愛を伝え、愛を誓った人 見事でした。

あなたの最後は、あっぱれでした。

ありがとう。お母さん。 ゆっくり、休んでね。

「鼻の浄化」by Lady

 

ある朝、彼に言われた衝撃的な一言。

「俺の隣にウシガエルがおる。」

ひぃーーー!!(´⊙ω⊙`)
まさか、この私が
この、いつも死んだように寝るね。でお馴染みの私が!?

イビキをかいているだなんてー!!

女子として、女子としてどーなの!?
助けてGoogle先生!!
とゆう事で
調べた所によると、
舌が顎に落ちてるらしい
エクササイズをすればいいらしい
横に寝たらいいらしい
痩せたらいいらしい

めんどくせぇ_| ̄|○

ここは羽瑠さんに聞いた方がはえーわと
早速メッセージ
すると、

「水分が多いから控えて
喉よりも鼻が弱ってるんだね。
鼻がびんのかんやからなぁ

塩をお風呂に入れて、湯気を鼻から吸う、
鼻が詰まってるなぁ

鼻の浄化やな
痛いらしいけど鼻うがいもいいみたいや

塩も舐めて」

鼻の浄化かぁ
詰まってる感じはしないけどなぁ。
鼻うがいできないから、塩をお風呂に入れよーっと。一か月

L「最近ウシガエルいる?」

彼「そーいえば、おらんくなった。」

心の中でガッツポーズo(`ω´ )o

ここでおさらい

✳︎イビキをかく方にオススメ、鼻の浄化方法

水分を控える
塩を入れたお風呂に入り、その湯気を鼻から吸う
できるなら鼻うがい
塩を舐める

どうやら敏感な所や得意な所は沢山使うからケアが必要らしいのです。

ちなみに使っている塩はこちら↓
「海の精」
https://www.uminosei.com

Amazonや楽天でも売ってます。

ぜひお試し下さい。

秘書室より Lady

海水100% 天日と平釜 日本の伝統海塩 「海の精(うみのせい)」
自然海塩「海の精」の製造、販売。伊豆大島の海水100%を原料に、立体塩田と平釜でつくりあげた日本の塩。自然海塩をはじめ、「海の精」を使ったこだわり調味料も紹介。
uminosei.com
 

「違った価値観を持つ人との出会い」

 

秘書室Ladyと出会った時の第1印象は、 秋田から出てきて、神戸に移り住んだ頃

思ったことは、すぐ口に出す いい意味で空気を読まない ここで、これ言ったら、他の人が どう思うかなんて、全く感じてない。

私なら、場の空気を読んで、上手くやろう と思うだろう、、、

なんて、本人には口に出して、 言わなかった。

ある日のこと、秘書室Ladyとカフェで話 していた時のこと。

場の空気を読んで、どうにも動けなくなったことが、きっかけ。

「それ、上手くやってるつもりなの? やってねーべー」

そうなのだ。私は、上手くやってないのに 上手くやっているフリをしていただけ。

「羽瑠さん、能力あるのに、もったいない。 何にも、使えてない」

ショックでしたね。

今、振り返ると、必死で乗り越えようと 頑張ったツモリ。 ツモリ星人が、発動してました。

あの時は、バサバサ切って、辛い。 とか、思ってましたね。

でも、この人といたら、自分と違う価値観を持ってるから、私のながーい間に持っていた 思い込み、変わる感じがする。

「私は、成長したい」 を連呼してましたが、秘書室Ladyは

「成長じゃない」

「一緒にいて、気持ち悪い。 苦しい」 と、言う。

私は、泣くわ凹むわのオンパレード

あれは、私が成長しようともがき苦しんで いたことに 「気持ち悪い。苦しい」 の言葉が出たんですね。

さすがに、2人共、気持ち悪さだけを お持ち帰りしたことが何度かありました。

「気持ち悪いのに、付き合わせてごめんね」

そう言うと、秘書室ladyは 決まって、こう言います。

「私、気持ち悪いのは、見逃せない。 そのままにしておけないから。 無理は、してないから」

そして、これが愛から出た言葉だったことに 気づき始めたのは、少しずつ、少しずつ 自分の感情と向き合うようになってから わかりました。

今まで、自分と向き合うために、いろんな セミナーや講演会に行ったけど やっているツモリだった。 覚醒するって、まずは、自分がやらないと 人にはできないから。

私は、本格的に、秘書室Ladyに これから私が新しく踏み出すことに 全面的にサポートして欲しいことを 依頼しました。

「人のことをする前に まずは、自分の本音を聞くことからだな。 羽瑠さんは、何も、やってない」

こんなに自己開示するとは、正直 びっくりすることの連続です。

今まで、隠してきたことをアウトプットする って、ハードルも高いです。

それが、ハードルが高いと思っただけで やってしまえば、ハードルは、低かった。

いえ、ハードルもなかったことに気づいたんです。

実は、ハードルは自分で作ったもの。 ハードルが高いと感じる人は、今まで 自分で、壁を作って、ブロックを積み上げた だけだったことに気づくと 今までと違った景色が見えますよ。

そのことに気づかせてくれた秘書室Ladyは 大切な信頼できる仲間です。

「羽瑠浄化」by Lady

 

羽瑠がcaféで注文する時 「これでいい。」 と言います。

私はこの「で」が大嫌い 「これが。だろーが何様なんだよ。」 と言います。

「これでいい」を選択し続けるとどうなると思いますか?

また逆に「これがいい」を選択し続けるとどうなると思いますか?

確実に幸福度は変わってきます。

しかし、この癖はなかなか変えられないんです。

この一か月後、またお茶した時も 「私、これでいいわ」と言っていました。

さすがに私も笑ってしまい、人は変わらないんだなと悟りました。 でも、口では変わりたいとゆう彼女。

羽瑠の口癖は

まだまだな私

こんな私

私なんか

ダメな私

ちゃんとできない私 で溢れていて いろんな事を学んでて、しかもすごい霊能力があっても普通の人なんだな。 むしろ、普通の人より自己否定がすごいわ。

なのに上から目線。

家族もいて自分の能力で仕事ができてもこんなに不幸な顔ができるのか。 おもろい。 そう感じました。

その頃の羽瑠は、 自分の望みもわからず正解ばかりを探して話をしていて、言い訳や人のせいにするばかり、なのに自分とは向き合わない。 本当につまんない女でした。

自分の本音も分からず、 無意識に 人の目、世間、正しさ、普通 その中に自分を入れて遊んでいるようにさえ見えました。

「普通だったら絶対友達にならないわ。」 そう言った事もあります。笑

「私は、羽瑠さんがどう感じてるか聞いてんだ!方法きいてねー!どーしたいんだよ!」 泣かせた事は山ほど。

私が悪いみたいじゃん、、、 何度、会うのをやめようかと思ったか。笑

そんな時 ふと、お風呂に入っていたら閃きました。

思考は変えられなくてもエネルギーは変えられるんじゃね?

「羽瑠さん、自分に光の柱建てた事ある? 建ててみて! 」すぐに連絡しました。

光の柱とは、天からの金色の粉で作った柱のように見える物。らしい

厄や穢れや不幽霊が天に登る為の浄化の柱なんでしょう。 わかんないけど。笑

そこから羽瑠の意識も変わりはじめ 【浄化】でどれだけ現実が変わるのかの実験が始まったのです。

羽瑠の浄化が必要な場所は「思考」 ぐるんぐるん考えるんですって。

考え事が多い方

心配事が多い方

自己否定が多い方

頭痛もち 相手のマウントをとりたい方

相手に合わせるのが得意な方

そんな方、たくさんいますよね?

そのような方に オススメの浄化がこちら↓

 

考えない

 

 

無理ですね。

無意識にやってるから。

じゃ、 さっさとエネルギー変えちゃいましょっ て事で

 

光の柱を建てる

 

これもすぐには無理ですね。笑

羽瑠にご連絡下さい。 あなたがいつでも0に戻れるように祈り あなたが光そのもので、豊かな人生が送れるように光の柱を建てます。

もう一つは、

感覚を意識する為 まず場所を変えます。

神社や自然の中、自分がほっとする場所に行きます。

そこで鳥の声を聞いたり 水の音や風の音を聞きます。

後は、空をみて流れる雲をみたり 太陽の光を感じてみて下さい。 あなたはそのままで愛されている事を実感するでしょう。

こんな事?と思うかもしれませんが、 浄化は意外と簡単なものなのです。

羽瑠もよく神社にいきます。

このように自分が心地の良い場所に移動させてあげる事は自己肯定にもつながります。 是非お試し下さい。

秘書室より Lady

「羽瑠浄化」

リンク

一昨日、「自分の嫌な所、ダメだと思って
いる所、隠したい所」をFBに
アップしました。

究極の自己開示です。

その後は、仲間のサプライズプロポーズも
あり、ハッピーに満ち溢れた、幸せな瞬間を味わって、気分は最高MAX

電車を降りて、駅からの帰り道
ジワーっと「恥さらし」をアップして
しまったことに、ズーンと落ち込んで
ました。

「これ読んだ人、引いてるんじゃない?」

さすがに「やってしまったなー」って
正直、気分は下がる。

その日は、夜も遅くて、ぐっすり
眠れました。

朝、起きたら、秘書室ladyからのメッセージ

「短所、どうしたい?」

「あの短所は、なくすことは、できないから
仲良くしたいね。
一生、付き合っていく虫みたいなもん
やろう」

「じゃあ、その虫もコンビでやっていく決意をどうぞ」

昨夜、あんなモヤモヤしてたのが

アップしたら
「もう怖いもんないなー」

隠す必要がなくなったと言うより
隠せなくなった。

いい意味で、開き直り。
吹っ切れたんですよ。

「虫と仲良くする人生を楽しむ旅スタート」

意識が軽いって、こんな感じね。

今まで、紙に書いて
自分の嫌な所を手放そうとしていた時は、
手放せない自分に罪悪感があった。

手放せない自分がダメなんだって
負のスパイラルにはまっていたんです。

もう、この時々、騒ぐ虫たちも
仲間に入れちゃって、どこに行く時も一緒
なんだ。

「今日は、暴れてますねー」
なんて、楽しめちゃったら、人生が
楽しくなる。

完全にマイナスからプラスにブーンと
振り切れちゃったんです。

これは、マイナスの底までいったから
プラスまで振り切れたって感じなんです。

そしたら、あんなに泣きそうだった感情も
笑える。

こんな簡単なことを長い間、やってたのか
ですよ。

もちろん、この現状にきっかけをくれた
出来事があったんです。

昨日、「髪の声が聴こえる」メグさんの
美容院に行ってきました。

メグさんからも、私の髪の声を聴いて
「話したいことありすぎて、聴いて
聴いて」って感じですね。

という話から
「羽瑠さん、ベールに包まれている」
「羽瑠さん、どこにいるの?」

って、ツッコんだ事も聴かせて
いただきました。

自分の感情にウソをついて
人の心を読みすぎて、わからなくなってる
事を

「私も、そんなことがあったなー」
って、認めてもらって、気持ちが
落ちついてきました。

新しい世界に踏み出す時、怖くて
自分に向き合うことを後回しにしてました。

「人のことばかりで、自分にフォーカスして
いる時間がない」って言い訳してたんです。

毎日、ありのままの自分と
向き合っています。

そして、
これのきっかけが自分の浄化を意識して
やり始めたことです。

「羽瑠浄化」

 

ふと立ち寄った「酸素カフェ」

そこで、秘書室ladyからのミッションが
送られてきました。

きっかけは、私の思考がグルグル回り始めた
メッセージでした。

「羽瑠さん、自分のいやな所、ダメだと思っている所、隠したい所を羅列して」

いやー、ここで向き合うんですか
気持ちよく過ごそうと思ってたのに、、

モヤッとする気持ちを抑えて
ノートに書き出す。

出るわー

すぐスネる
いじける
感情がジェットコースターのように上下する
凹む
ガラスのハート
不安を先回りする
思考がグルグル回る
興味が目移りする
説明書が読めない
人の名前が覚えられない
機械もの、パソコンが動かなくなる
知ったかぶりする
人に合わせる
軸がブレる
自分の感情が出せない
自分の殻に閉じこもる
人の顔色を見る

「こんなにあったのか」

またもや、彼女から次のミッションが

「なんで嫌いか1つずつ書いて」

終わってなかったのか
1つずつ書くの。めんどくさい。

という感情は、置いといて、やってみる。

すぐスネる→スネたら何とかなると思ってる

いじける→元気なさそうにして、暗い

感情がジェットコースターのように上下する
→感情の起伏が激しくて、まわりがついていけない

凹む→暗い空気感を出す

ガラスのハート→壊れやすい

不安を先回りする→まだ、やってないのに
行動を止める

思考がグルグル回る→思考がまわり出すと
止まらなくなる

興味が目移りする→1つのことを掘り下げられなくて、定まらない

説明書が読めない→ちゃんと、できない

人の名前が覚えられない→名前に興味がない

機械もの、パソコンが動かなくなる→他人に
迷惑がかかる

知ったかぶりする→カッコよく見せたい

人に合わせる→自分の意見がなくなる

軸がブレる→グラグラしている、落ち着きがない

自分の感情が出せない→思ったことを全部出したら嫌われる

自分の殻に閉じこもる→人に合わせなくていいけど、何してるかわからない

人の顔色を見る→他人のご機嫌をうかがう

「出してみて、どう?」

「書く前よりもスッキリ

なぜかというと、もう一人の自分が
「それは、しんどかったね」
って、わかってくれた認めてくれた感じに
なったわ」

「これ、他人だったら、どう?」

「応援するわ
まさに、私がやってる祝☆YOUそのもの。
自己開示したら、かわいいな
好きだなって思う」

「自己開示しましょう。
facebookにアップして」

「えーーー。そうきたかー」

というミッションでアップしました。

他人には、自己開示をしてっていいながら、
自分の自己開示は、やってなかった。

何だろう。
最初は、モヤッとして、涙が出そうになっていたのに、この爽快感は。

自己開示って、気持ちいいもんなんですね。

そんな自分に出会う毎日です。

「浄化」

画像

私は、よく神社に参拝に行きます
理由は、カンタン。
大好きだからです

小さい頃は、おばあちゃん子で
よく神社や寺に連れて行ってもらいました

では、神社や寺に行くのが、なぜ大好きに
なったのか

それは、気持ちいい感覚が好きだから

鳥居をくぐると、空気が変わります

手水をして、水が流れる音を聞くだけで
癒されます

「手水」は、参拝前に手を清める水のこと
です

神道では、水を使わない「手水」もある
そうです

野外や冬の神事で水がない場合は
草木の葉や花や雪で、手をこすって清めます

小さい頃は、遊びの中で
田んぼのあぜや空き地に生えている
葉っぱをちぎって、手でこすってました

雑草の花も、花びらを取って、袋に水を入れて「色水」と
遊びの中で「浄化」をしていました

神社には、「浄化」するためのものが
いっぱいあります

「二礼二拍手一礼」

パンパンと手を合わす「浄化」

鈴を鳴らす「浄化」

正式参拝になると、祝詞を唱える「浄化」

巫女さんが舞を踊る「浄化」

神酒を飲む「浄化」

神社は、身体の浄化をたくさんするので
気持ちよくなります

祈りが日々の生活に入ってくると
身体の細胞も変わります

あなたも、自分の気持ちいい場所を探すと
いいですね

浄化のススメ

画像

なぜ今、浄化が必要なのか?

羽瑠は日々地球を軽くしたいと願っています。

その為には一人一人の波動を軽くする事が最も重要だと考えています。

羽瑠は、自分の為に能力を使い始めたのは最近です。

自分を軽くするよりもまずは人を浄化しなければと考えていたからです。

しかし、自分を置いて人の事ばかり浄化していた時は疲弊し、やる気もなくなり疲れきっていました。

そこで、一人一人が自分の身体を洗うように浄化を取り入れたらいいのでは無いかと思いついたのです。 祝☆Youにこられたクライアントさんには、必ずその方にあったベストな浄化方法をお伝えしています。誰でもできる簡単な浄化の仕方はこちらにも少しずつまとめてアップしまね。

人は自分の事を一番知りません。

それは知らず知らずに「厄」や「邪気」が溜まってしまって自分が見えなくなっているからです。

そうして放置しているとエネルギーが流れず様々な不調が出てきます。

しかし、その症状のほとんどが病院に行って検査しても「異常なし」で終わってしまいます。

マイナスなエネルギーを受けやすい体質の人は、原因不明の不調に悩んでいることでしょう。私もそうでした。

これはただエネルギーに敏感な体質なだけで、性格を改善したり思い込みを変えたり、心の持ちかたでどうなる問題ではありません。

同じように、マイナスのエネルギーを受けていても感じないのは鈍感だから。しかし気づかない分、「厄」や「邪気」が溜まって知らないうちにエネルギーの流れが滞り、身体の不調はもちろん運気が一気に下降したり注意しなければなりません。

美容師さんや整体師さんエステティシャンは体を直接触れるのでエネルギーを吸いやすくなります。また社長さんや先生、講師業、たくさんの人の前でお話する機会の多い方も注意しなければなりません。人と接するお仕事をされている方はどうしてもエネルギーを吸い込んでしまうんですね。

これはマイナスエネルギーだからダメな事、悪い事ではないのです。

いいも悪いも循環して今があります。

同じお客様を施術しても、疲れがひどい人とケロッとする人がいる。

これが体質の差です。

水が滞ると濁るように身体も魂も、濁ってくるのです。

浄化するとこれまでの溜まった汚れや厄、邪気などを払います。

そして浄化された所には新しいものが入ってくる事でもあるのです。

身体と魂の浄化と再生を促す為にも是非、日々のケアに浄化を取り入れてください。