【新月のエネルギーを感じる】

「ついてる」とは、「神様やご先祖からの
応援がついてる」

最近、そう感じます。

宇宙正月、伊勢神宮から
「新月のエネルギーを感じたい」

思い立ったら吉日。
伊奘諾神宮へお参りに行ってきました。

ある場所に行くと、エネルギーを感じる場所があります。

興味がある人は、ご一緒に。

伊奘諾神宮を中心とする地図を
何氣なく見てみると
ほとんど行っている

神様に呼ばれたタイミング。

答え合わせは、後からついてくる。

直感とは、思い浮かんだことを
行動に移すこと。

三次元は、行動の星。
自分の想いに素直に行動すると
心も身体も細胞も活性化する。

2018年の宣言、浄化を完了しました。
春のエネルギーも感じて
スイッチオンです。

【2018年4月新月】

 

今日は、新月の日。

水星逆行が終わり、新しいエネルギーが
始まる時。

春は、いろんなものが芽吹き始める季節。

人の身体も芽吹き始める瞬間です。

身体を動かそうとすると、細胞も刺激されます。

「新しい一歩を踏み出そう」と決断して、
前に進もうと、何かを始める人も多いようです。

宇宙新月も終わり、方向づけをすることを
オススメします。

2018年に達成したいこと
2018年に終わらせたいこと

「どの方向にいって、何を得たいのか」

具体的であればあるほど、叶いやすくなります。

まずは、宇宙に決めたことを伝える。

今まで、光が当たってなかったところに
光が当たるようになると

「革命」が起きます。

状況を逆転したいこと

今は、不利な状況にあっても
巻き返したいこと

を書いてみてください。

常識にとらわれず、枠を超える。

常識ばかりにこだわっていても
何も状況は、変わりません。

今の状況からではなく、
「2018年が終わる時、どうなっていたいか」
をイメージしてください。

【天からのメッセージ3】

 

何かに焦っているけれど
何をしたらいいかわからない人へ

生きていると、いろんな想いが出てきます。

あれもしたい。これもしたい。

あれがない。これがない。

他人と比べて、あの人のここが
うらやましいと思う。

私達は、知らない間に、
自分が持っていることを忘れて
「ないもの」「かけているもの」
ばかりに、氣を取られています。

日本の教育は、競争する文化があります。

成績に優劣をつけ、スポーツをしても
優勝を目指して、頑張る姿を美徳とします。

あなたの本音は、どこにあるのでしょう。

この世で生きるために、決められた
暗黙のルール。

これからも、縛られて、生きていくのでしょうか。

縛っているのは、誰でしょう。

人のせいにして、被害者意識を持っているのが、あなたが本当に、したいことでしたか?

あなたがこの世に生まれたのは、
そんなことがしたかったからでしたか?

あなたは、競争の中に入って、
一喜一憂するために生まれたのでは
ありません。

教育のことを否定しているのでも、
ありません。

かけているもの、足りないものを
知るためでも、ありません。

すでにあることに氣がついた時に
「氣づき」に変わります。

それは、氣を上げた時、身体に反応が起こります。

身体と、心、魂は、繋がっています。

うつの人は、頭に氣が上がりやすい
体質を持っています。

氣は、腹に落ちると、「腑に落ちる」
と言います。

太鼓の音を聞くと、落ち着くのは、
氣が腹に落ちるのです。

お腹の中にいた時の、お母さんの鼓動を
感じるから。

思考を使って、頭が疲れている人がいます。

何も考えず、ぼーっとする時間を
「無になる」と言います。

「無になる」ことは、
お経を唱える
祝詞を言う
滝に打たれる
山で修行する
写経をする
座禅を組む

など、いろんな方法がありますが
すぐにできることは

ぼーっとする時間です。

ぼーっとする時間があるから、
集中できます。

仕事のパフォーマンスを上げたいなら
ぼーっとする時間を取ることです。

サボっているのではなく、
バランスを取ることです。

他人と比べたり、自分の罪悪感にとらわれている人は、意識して、
無になる時間を取りましょう。

カンタンなことですよ。

【伊勢神宮参り】

ご縁を頂き、2泊3日のお伊勢参りに行ってきました。

伊勢神宮は、20年に一度の「神様のお引越し」をする「式年遷宮」があります。

世界では建物は、長期保存をして守るものが常識です。

ところが、壊すのを前提に最高の建物を建てるのは、日本ならでは

着ている服は、麻を使い、織物も最高のものを使う。

お米は、種から蒔き、田植えをしてお供えする。

お神酒は、麹を混ぜて、手でこね、時間と
手間暇をかけ、最高のものをお供えする。

お神酒は、「初穂料」というのは
「稲」から作ったものだから「初めての稲」
というのだそうです。

最高のものを神様にお供えし、神殿にも
最高のひのきを使っている。

あの場所に立つと、心が厳かな雰囲気になるのも、うなづけます。

24時間の間に、3度のお参りをしました。

昼の参拝は、お神楽を見ての参拝。

朝の参拝は、5時に大祓の祝詞をあげての
参拝。

そして、夜の夜間参拝は
暗闇の中、玉砂利の歩く音
五十鈴川の流れ

ムササビの声

神様の前での参拝に
お腹の底から感謝が湧き上がりました。

五十鈴川の流れの音は、鈴の音を聞いているように聞こえる。

昼間では、味わえない静寂と闇の融合。

静かで、凛としている空間。

帰りは、
ジャングルのような森林の香りと
木々の間から月が見え、
広場には満点の星空が広がる。

こんなにも五感を満たす事が今まであったかな?

ここは、どこの時代なのか、
タイムスリップしたような
どの時代に自分は立っているのかと、一瞬ふっと意識が飛ぶ

静かな中に、自分の源から込み上げてくる
歓喜はこんな感じなんだなーっと
実感できる体験
祈りは、日々の暮らしの中にあり
神様が近くにいる事を思い出させる行動

日本人のDNAのスイッチが入る感覚

ああ、日本人でよかったと感じれる伊勢神宮は宇宙の宝だと感じました。

【天からのメッセージ2】

 

苦しいこと、辛いことを楽しむことができたら、最強ですね。

わかっているけど、やめられないのも、人間です。

そんな時は、誰かに相談してみましょう。

あなたが感じているのは、いつものパターン。

人に相談すると、第3の道が開けます。

すると、違う見方が生まれます。

時間が経つと、苦しいこと、辛いことも
「あれがあったからこそ、これも良し」
と、自分にOKが出せます。

自分にOKを出して、次に進みましょう。

【天からのメッセージ】

 

集中すると、仕事などのパフォーマンスが
上がります。

パフォーマンスを上げるには
集中するところで集中するんです。

集中するために、リラックスする。

リラックスすると、集中できる。

リラックスすると、手を抜いてるんじゃないかと、勘違いしている人がいます。

手を抜くのではなく、身体の力を抜く。
そうすると、集中力が増します。

頑張り屋さんほど、力を入れがち。

意識することは、ゆるめることです。

【3月31日 満月 ブルームーン】

 

今日、3月31日は、ブルームーンです。

「ブルームーン」は、一般的に『ひと月のうちに満月が2回ある』現象のことを言います。

過去に、ガスや塵などの影響で本当に月が青く見えたこともあったそうですが、実際に青く見えることはほとんどないため、

北米などでは『とても稀なこと』を表す “once in a blue moon” という慣用句があるほどなのだとか。

月に2回満月が訪れる現象は、2~3年ごとにひと月ありますが、

それが2018年はなんと1月31日と3月31日の2度もあるんです。

1年に2度もブルームーンが観測できるのは、今年を逃すと次は11年後。

『見ると幸せになれる』という言い伝えも
あります。

「羽瑠にきいた私の役割と浄化」 By Lady

 私は宇宙と繋がる人
宇宙からのメッセージを受けやすい人
女性性の解放する人 との事。
もっともーっと心を開くのに宇宙のエネルギーが必要。
まだ開けるらしい。
そこで大切なのが第4チャクラ F(ファ)の音がいっぱい欲しい。
あと、416ヘルツの音
これは前世で手首と左の首を切られててそこの癒しで必要らしい。
宇宙の音でもあるらしい。
調べたら鉄の周波数と一緒。
あれかな、前世で出血多量で死んでるから今も慢性貧血なのかな 笑
とにかくyoutubeで音聴いてますよ。 寝るときとかね。
あとは子宮の浄化ね。
感情の解放が女性性の解放になるらしい、子宮に感情って溜まるんだってー
私も子宮に罪悪感溜まってんだって。
感情を味わいきったらなくなりますよってゆうじゃない。解放できますよって。
私、感情を味わいきるとかドMな事できない。おほほ
だいたいそれ、本当にあなたの感情なの? 世間や先祖のカルマ的なのだって事ない?
女は人の感情のエネルギーとかを自分の中に吸収しやすく、自分の物だと勘違いしちゃう事ってめちゃめちゃあるの。
私も女手一つ育ててくれた母に対して、一生懸命育ててくれたのに適齢期になっても結婚もできなくて孫の顔も見せてやれず申し訳ないってのがあるの。
でもたぶん 申し訳ないってきっと母も思ってた。
父親のいない子にしてしまって申し訳ない。
ずっと一緒にいてやれなくて申し訳ない。
そんな、申し訳ないないが一緒にいるとかってに入ってきて
申し訳ないないと言ったらなーんでしょう??
あ、 適齢期なのに結婚してないこと!
子供産んでない事!!
みたいになったんだと思うの じゃこれどーしましょ。
こう思うのってしょうがないよね、だって母さん喜ぶの分かってるもの
結婚して子供できたら。
喜ぶ顔みたいよね。 これって愛よね。
じゃなんで、苦しくなるの?
許してないのよね そんな自分を。
結婚してない。 子供産んでないせいで!みたいな。
こいつのせいで!
みたいな こんちくしょう!
みたいな じゃ、どうやったら解放できるか おかげにしましょう。
こいつのおかげで!って感謝に変えましょう。
結婚してない。子供産んでないおかげで! 私は自由にいろんな経験ができて実験ができる。 ありがとう♡ つって。
みんな罪悪感とかブロックとかでたら これやったらいいよね
こいつのおかげで!ありがとうよ!! サンキューベリーマッチ!!
つって
自分を慈しみましょ
そして最後に羽瑠さんに聞いてみたら 子宮をなでなでしながら
「かわいいな、私♡」と言えと。
みんなで子宮を浄化して女性性を解放しましょう♡
あともう一つ
子宮の浄化、女性性の解放の為に日本最南端の波照間島 みんなでいかない?
6月あたり
自分の水と日本の水の神(龍)が交わる儀式しにいこ。
交尾するらしいよ! 統合よ! よくわかんかいけど御告げよ!
水と塩をながしてこいってよ!
行きたい人はメッセージお待ちしております。
※ちなみに羽瑠にきいたとゆうか羽瑠の守護霊さん仙人みたいな人と指導霊は鉄の女、エリザベス2世みたいな人にききましたとさ。
秘書室よりLady

「魂の導き」

3月3日。桃の節句。

私は、出雲にいました。

着いたら、家族からの電話が何本も 入ってる。

私は、出雲から、トンボ帰りすることに なりました。 姑さんが突然亡くなりました。

夜10時、夫が仕事から帰って、姑と話をしたそうです。

お風呂に入るか、迷っていたので

「今日は、遅いから、止めといて」

まさか、その後、お風呂に入ったとは 思わなかった。

パジャマも着てたのに、、、 死因は、お風呂に入って、心不全。

人って、あっけないな。 そう感じる最後でした。

私は、神戸淡路大震災をきっかけに 2世帯同居 21年間の同居生活でした。

姑さんは、82歳 昭和10年の戦前に生まれました。

6人兄弟の3番目 実家の両親も、舅さんも みんな6人兄弟3番目。 真ん中は、目立たず、兄弟も、氣が合う兄弟と、氣の合わない兄弟、姉妹がいます。

好き嫌いがはっきりした人で 嫌いな人は、顔を見るのも嫌な人でした。

同居した始めの頃は、 コーヒーを入れると、呼んだらすぐこないと 氣がすまない。 10分経つと、 「コーヒーが冷めて、美味しくなくなった」 と、怒る人でした。

夫は、お母さんに頭が上がらないので、 知らん顔して、呼ばれたらすぐに 1階に降りて行くので 私だけが、呼んでもすぐにこない人。

何かにつけ、自分の思い通りにならないことは、氣に入らない。 だから、表も裏もありません。 建前もないから、本音で生きている人。 こうしなさい。あーしなさい。 「私があなたぐらいの頃は、こうしていた」 大きなお世話を焼いて、私は 自分の人生を生きている実感がなかった。 そんな姑さんの生い立ちを聴いたことがあるんです。

6人目の子どもを産んで、体調が悪かった。 だから、生れてすぐ、養子に出た。

その後、小学生の時、お母さんが亡くなり、親戚の家にお世話になった。

お父さんは、すぐに再婚したが 連れ子同士の結婚でママ母は 自分の子どもばかりを可愛がり 自分達、兄弟は、押入れで育った。

親の愛を知らず、 世間のことを知らないのは、当然のように 言い訳し 私が21歳で嫁にきた時は、わからないと 鬼の首を取ったように、怒られ 「きれいなお母さんだったのに、 私は、あんな鼻ぺちゃのお父さんに似た」 と、自分の容姿を罵り 当時、色が白かった私を、羨ましく 目の仇のように、辛く当たる人だった。

私は、嫌われていると思っていた というより、 同居し始めは、嫁のしたことが氣に入らないと、友達や、娘、姉に電話して 「あんな、妻としても、嫁としても 母としても、サイテーだから」 と2階に聞こえるように、大声で話す姑さん。

嫌われてない訳がない。

ところが、本人は、何も覚えてない。

「昨日、いいと言ったことは、今日は 良くない」と言うので 同居してからは、振り回される生活だった。

秘書室ladyから、メッセージがきて 「お母さんが、急に亡くなって何に気づいて、何を伝えたかったかを聞いて。 姑さん、まだいるんだから、 向き合うチャンスよ」

聞こうとすると、眠くて寝てしまう。 身体も重い。 身体が反射的に寝る。 起きてられない。 「眠くて、寝ちゃう」

それに対して、秘書室ladyから意外な 返事が返ってきた。

「愛されてない事を知るのが、嫌なんだと思う。聞いてみて。 私が、お嫁に来てよかった? 私は、お母さんに嫌われてると思ってたって」

一番、怖い。

死んで、聞くのか? 涙が溢れた。

お姑さんは、実家のお父さんの性格に よく似ている。 カッとなると、周りにわめき散らす 唯一、違っていたのは、手が出なかったことと、男か女かの違いぐらい似ていた。 小さい頃からの思い込みに、グサグサ 突き刺さる言葉を、投げてくる人だった。 こんなダイレクトに聞くのか。

「あんたが、嫁に来たのは、よかったわ。 孫もひ孫も見れて、盛り立てたから。 喜寿のお祝いしてもらったな。 にぎやかなのは、楽しいわ。 あんたも、頑張って生きよ。 私は、もっと頑張って生きようと 思ってたわ」

愛情表現もヘタだから、 どう話すかわからないんだよね。

お母さん、私のことも愛してくれてたんだね 亡くなる1週間前も、お昼ごはんを一緒に 食べようって、話してたね。

時間がなくて、できなかったね。

言い残したのは、家族の幸せ。

子ども、孫、ひ孫の幸せを上から願ってる。 毎日、仏さんに向かって、一人ずつ 名前を呼んで、祈っていたそう。

戒名に「誓」が入っていた。 名前の一文字「信」がある。 お父さんより、戒名も多い。 常識では、夫婦は、妻が夫より戒名が長いのは、あり得ないらしい。

今、気づいた。 そうだ。 建前を言わず、本音で生きた人だった。

私は、本音を語ることをしたいと 言いながら、本音で話す人を前に オロオロしていたんだ。

本音で話すことは、ステキだと口では 言っていたのに、本音を聞くのが怖かった。

本音で話すと、人間関係は、大変なことに なるって、人の顔色を見て 要らない思い込みをしていた私に ヒール役で、氣づきを与えてくれた人だったんだ。

すべて愛からだった。

愛を持って、愛を伝え、愛を誓った人 見事でした。

あなたの最後は、あっぱれでした。

ありがとう。お母さん。 ゆっくり、休んでね。

「鼻の浄化」by Lady

 

ある朝、彼に言われた衝撃的な一言。

「俺の隣にウシガエルがおる。」

ひぃーーー!!(´⊙ω⊙`)
まさか、この私が
この、いつも死んだように寝るね。でお馴染みの私が!?

イビキをかいているだなんてー!!

女子として、女子としてどーなの!?
助けてGoogle先生!!
とゆう事で
調べた所によると、
舌が顎に落ちてるらしい
エクササイズをすればいいらしい
横に寝たらいいらしい
痩せたらいいらしい

めんどくせぇ_| ̄|○

ここは羽瑠さんに聞いた方がはえーわと
早速メッセージ
すると、

「水分が多いから控えて
喉よりも鼻が弱ってるんだね。
鼻がびんのかんやからなぁ

塩をお風呂に入れて、湯気を鼻から吸う、
鼻が詰まってるなぁ

鼻の浄化やな
痛いらしいけど鼻うがいもいいみたいや

塩も舐めて」

鼻の浄化かぁ
詰まってる感じはしないけどなぁ。
鼻うがいできないから、塩をお風呂に入れよーっと。一か月

L「最近ウシガエルいる?」

彼「そーいえば、おらんくなった。」

心の中でガッツポーズo(`ω´ )o

ここでおさらい

✳︎イビキをかく方にオススメ、鼻の浄化方法

水分を控える
塩を入れたお風呂に入り、その湯気を鼻から吸う
できるなら鼻うがい
塩を舐める

どうやら敏感な所や得意な所は沢山使うからケアが必要らしいのです。

ちなみに使っている塩はこちら↓
「海の精」
https://www.uminosei.com

Amazonや楽天でも売ってます。

ぜひお試し下さい。

秘書室より Lady

海水100% 天日と平釜 日本の伝統海塩 「海の精(うみのせい)」
自然海塩「海の精」の製造、販売。伊豆大島の海水100%を原料に、立体塩田と平釜でつくりあげた日本の塩。自然海塩をはじめ、「海の精」を使ったこだわり調味料も紹介。
uminosei.com